『利益・資金計画策定講座』受講

11月12日~14日の3日間中小企業大学校が主催している『利益・資金計画策定講座』を受講してきました!

▶講座を受講して…

利益を計上できる利益計画が必要ということが分かりました。また過去の実績を考えて将来のあるべき方向性を明確にするためにも利益計画は必要なのも勉強になりました。

利益計画を作成する際は、決算書を利用して過去の企業活動をよく分析して、そこから将来の計画を明確に打ち出すことが重要です。
利益計画だけでなく、資金計画まで考えれば、金融機関の信頼を得られるだけでなく、自社の方向性を明確に示した経営活動の軸として大変有効に活用できるのではと感じました。

3日間と短い期間でしたが、決算書をより詳しく理解できるようになりました。また経営に必要な利益・資金計画・財務分析などなどとても勉強になった講座でした!プラスワイズはこれからも会社向上を目指して、積極的に勉強会に参加していきます!!

▶利益・資金計画策定講座とは

経営環境の厳しい中、経営目標を実現するために収益を上げることは企業が維持、発展し続けるために重要で、企業が利益を確保するためには利益を管理することが必要です。
本研修では、経営管理との関係を含めて利益・資金計画の重要性を理解した上で、利益・資金計画の策定のプロセスと運用にあたっての留意点を学びます。
また、事例企業の財務情報を基に利益・資金計画の作成に取り組みながら、計画策定と管理の仕方(PDCAサイクル)を身につけます。 (引用:中小企業大学校HPより)

▶利益・資金計画策定の必要性

経営計画は、経営者が経営の具体的方向性を示し、到達目標を数値化することで、その行動計画をたて、会社が進むべき途を明らかにするものです。

「大企業じゃないから、そんなの必要ないよ」と中小企業の経営者の方は、考えがちですが、実はその逆です。 未来のビジョンや企業の全体が予測できない中小企業ほど必要になってくるようです。金融機関からの融資実行一つをとっても、経営計画・利益計画・資金計画がきちんと行われている、中小企業だからこそ大事であるという一面が見えてきます。

企業の信用面でも『利益・資金計画策定』が必要になってくるのではないでしょうか。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー