MEMBER

06
国内事業部

五十嵐巽

2019年 中途採用
広告運用やSNSを活用し、<br />
より多くの潜在層への訴求を目指す!

広告運用やSNSを活用し、
より多くの潜在層への訴求を目指す!

広告運用やSNS管理、コンテンツ制作、農業店・建築店のAmazon店舗管理など幅広く携わっています。広告やSNSに関しては、プラスワイズを知らない方々にも魅力を知ってもらうために施策を行っています。今までは農業専門誌への広告掲載が中心だったのですが、お客さまがプラスワイズのECサイトへどのように訪問して頂いているのか、より具体的に計測できるよう、今後は『マイナビ農業』や『アグリジャーナル』などへの農業系Webサイトへの広告に注力しようと考えています。担当するSNSは農業資材の紹介だけでなく、他の企業アカウントとコラボするなど、潜在層との接点を増やすようにしています。また、2021年4月から入社した鵜飼さんとSNSでチームをつくり、事業と共に成長できる環境を整えています。彼女のポテンシャルをいかに引き出すかに焦点を当て、力を出せるよう後押しできればと考えています。

雑談から生まれる温かな関係。<br />
人間味のある対応を大切にしたい

雑談から生まれる温かな関係。
人間味のある対応を大切にしたい

私の最初のキャリアは調理人でした。大学で法学部に進学したのですが、海外飲食店を日本に誘致する会社でブランディングを勉強しようと思い、新卒で調理の道へ。店舗業務に従事していました。その企業で2年ほど勤め、新潟県内の飲食店に転職し、調理とWebの発信業務を担当。その後Webで求人を見つけたプラスワイズに転職しました。一見飲食とはかけ離れた業界ですが、調理人のころから野菜に詳しかったこともあり、農業に共通点を感じたこと、前職でWeb発信に携わったこと、何より家から近かったこともあり、応募しました。仕事をする上で意識しているのが、お客さんとの雑談です。お客さんから問い合わせの電話が入ると、購買のきっかけや使用方法など雑談をするように心がけています。そうすると、お客様とのつながりや信頼がうまれやすくなると思っています。アナリティクスなどの分析ツールを使えば、数字は一発で分かるもの。しかし、感情部分はまだAIでは分かりません。こうした心のある対応ができるのは人間だけ。もっと人間味のある対応も大事なのではないかと思って、仕事をしています。

+αで何ができるか。<br />
主体性を持って楽しみながら<br />
働ける会社です!

+αで何ができるか。
主体性を持って楽しみながら
働ける会社です!

風通しが良い職場で、直属の上司もNGは言わない人。やりたいことがあれば、チャレンジさせてくれる職場です。以前、SNSで他の企業とコラボして4コマ漫画をつくりたいと話したところ、OKをもらって実際に掲載することができました。このように普段の業務+αで何ができるか、何がユーザーのためになるのかを考えて動くようにしています。そのほうが私は仕事をしていて楽しいんです。私の仕事のスタンスはいかに楽しく働けるか。言われたことだけをやるよりも、自分で考えて動けるこの会社が性に合っていたのかもしれません。とはいえ、会社を志望する動機は人それぞれ。多種多様な志望動機を持つ人が、応募してくれたら嬉しいです。

五十嵐さんってどんなひと?

Q. 休日は何をしていますか?

音楽イベントの準備をしたり、月に一度料理イベントを開催したり、写真撮影の依頼を受けたり、いろいろです。

Q. なぜ仕事外でも活動を?

純粋にやりたい気持ちですね。あとは、料理イベントについては「自分もやりたい」と思ってくれる人が増えたらいいなと。高校生とか若い世代がやりたいことを応援していきたいですね。